SEO対策

ブログ記事タイトルの付け方!超クリックされるコツ7例

アフィママのゆいまるです(*’ω’*)

 

ブログを書いていても、検索からのアクセス数が低いうちはなかなか読んでもらえないことが多いです。

「読んでもらうにはSEO対策だ!」

とSEOにだけ目を向けていても、そんなに簡単にはSEOは攻略出来ないですよね( ;∀;)

でも大丈夫。

SEO攻略が難しくても、読みたくなるタイトルを付ければ、クリック率が上がっていくのです!

ゆいまる
ゆいまる
 検索ではタイトルしか見えないから、目を引くタイトル付けが重要!

クリック率が良くなれば、だんだんGoogleにも評価されるようになります。

次第に上位表示されるようになっていくので、目を引くタイトル付けの方法にも力を入れていきましょう!

目を引くブログ記事タイトルの付け方

ネットで検索している人は、“今すぐ知りたいことがあって調べている”ということがほとんど。

だから記事のタイトルだけで「この記事が他よりも知りたいことがわかりそう!」と思ってもらう必要があります。

ここでは、SEO用のタイトルとかは置いておいて、「一目見て思わずクリックしたくなるタイトルの例」をご紹介します。

ここにある例を自分のブログに応用すれば、惹きつけられるタイトルになり、思わず内容を読みたくなってしまうのでぜひ取り入れて欲しいです。

ブログ記事タイトルの付け方

SEOに有利なタイトルについては、SEOに有利なタイトルの文字数は何文字?今の付け方で大丈夫?で詳しく書いていますので、ぜひこちらも読んでみてください。

【2019年最新版】SEOに有利なタイトルの文字数は何文字?タイトルが大事だからと言って長く書いて良いわけでは有りません。ここでは「SEOに有利なタイトルの文字数」について考えていきたいと思います。SEOに有利なタイトルの文字数の結論言うと、適切なタイトルの文字数は30文字以内です。 それ以上の文字数をタイトルに入れても、検索結果に反映されないのです。以前「タイトルを魅力的にすればクリックされる!」と言うことを書きましたが、魅力的にするだけでいいわけではありません。SEOの観点から、最適な文字数を意識しておくことが大切です。...

 

目を引くブログ記事タイトルの付け方 7つの例

たとえば、

『簡単料理レシピを教えます!』

これだと漠然としたタイトルです。

それよりも、

『超簡単料理のレシピ!ズボラな人でも5分で出来る!』

等のように更に具体的にする必要があります。

 

ではどういう点に注意すれば具体的なタイトルになるのでしょうか?

具体的に記事タイトルを決める例を[7つ]取り上げてみました!

①読んでほしい対象者を入れる

検索から来た人はまずタイトルを見ます。

一目で「この記事は自分に必要な情報がある!」と思ってもらわないと、読んでもらえません。

そこで、”誰に向けた記事なのか”を入れ込んでください。

「自分に今必要な記事だ!」と感じてもらえるようになります。

例えば、

  • 「初心者ブロガー向け!ブログの書き方10選」
  • 「脱サラしたい人向けのアフィリエイト講座」
  • 「30代女性におすすめの化粧品」 

このように、記事を読んでほしい人(ペルソナ)を絞ってタイトルをつけると、読まれるようになります。

ペルソナとは?

一人の人物像を作る事をペルソナと言います。一般的には、企業や商品のターゲットとなる顧客像のことで、年齢、職業、身体の特徴、ライフスタイルなどの細かい情報を想定されています。

つまり、「誰に向けて書いているのか?」を想定してタイトルに盛り込みましょう!

 

人を絞ったタイトルだと「限られた人しか読んでくれないから、クリックが少なくなるんじゃ??」と考えるかもしれませんが、その逆です。

ゆいまる
ゆいまる
欲張って、みんなに読んでもらおうとする記事はたいていコケます・・・ 

”今自分が書いている記事は誰に向けて書いているのか?”

を思い浮かべながら書くことは基本ですので、それをタイトルにも同じように入れ込んできましょう。

②パワーキーワードを入れる

いつもなんとなくタイトルを付けてしまったり、興味を引きづらいタイトルになってしまう・・・

なんてことはありませんか?これはすごくもったいないです。

ゆいまる
ゆいまる
いくら頑張って良い記事を書いても、いつまでたってもクリックされないことも! 

対策として、パワーキーワードを入れてみましょう!

 

例えば、

・「初心者でも水泳がうまくなるコツ3つ」

・「初心者でも【必ず】水泳がうまくなるコツ3つ」

この2つを比べると、【必ず】という言葉が入ったことで、下のタイトルの方がインパクト強いので、クリックされやすくなります。

では、パワーキーワードの例をご紹介。

パワーキーワードの例
  • 必ず~
  • ~すぎる
  • 超絶
  • 必見!
  • 快適
  • 超簡単
  • 間違いない
  • 最高の~
  • ~の秘訣
  • ~の秘密
  • 共通点とは?
  • 無料登録
  • 新情報!
  • 有益な~

 

ゆいまる
ゆいまる
この中のキーワードを入れると、クリック率がグーンと上がるので、適宜入れてみてくださいね♪

また、これらの強いキーワードは、かっこ【】の中に入れることでより強調され、目に留まりやすくなります。

【驚愕】【必見】【超簡単】など。

ただ、【】は2文字分も使ってしまうので、ケースバイケースで使いましょう。

③数字を入れる

タイトルをパッと見ただけで、中身の量が分かることも大事。

ここで使えるのが、数字を入れること!数字の数の大きさで、だいたいの記事のボリュームが分かるからです。

検索から入ってくる大抵の人は、端的で少ないボリュームの記事を好んでいます。

数字を入れることで、読んでいる最中にも終わりが分かりますよね。

「長すぎ~!(;^_^A」というように、想像と違う記事になりにくくなります。

 

短く読みたい人・長く読みたい人はそれぞれ。

ですので、その人にマッチしたタイトルがクリックされるようになります!

  • 10選
  • たった5日で
  • 8条件
  • 5つの手順
  • 10倍集める方法
  • 3つのルール
  • 5つの手順、裏技、ポイント、習慣
  • 上位1%が
  • 60日間で
  • 3つの法則、などなど 

このように、記事に数字を入れるクセを付けましょう。

数字の数は多ければ良いってものではないです。

少ない数字でも必ず需要はあります!

ゆいまる
ゆいまる
数字は、これから読む人にとっての記事のボリュームの目安になるので、取り入れよう!

④ ”~?” 疑問文で終える

疑問文で終わっている記事って、続きが気になりませんか?

分からないことは、解決したい!と思うのが人間の心理。

その心理をうまく活用して、続きを読みたくなるタイトルにしていきましょう!

以下の例のように書くだけで、続きが気になるタイトルにすることが出来ます。

疑問文で終える
  • ~ってどうなの?
  • ~って大丈夫?
  • ~しませんか?
  • 結局何が良いの?
  • まだ悩んでるの?
  • ~じゃないってホント?

⑤「~まとめ」

ネットサーフィンをしている人は、何か情報を欲しがっているため、検索をかけています。

「より正確な情報を、より早く欲しい」という心情が前提としてあることを知っていてください。

となると、一度でより多くの情報を得られるであろう、「~まとめ」というタイトル。

「まとめ」記事なら、この記事1つ読めばたくさんの情報が手に入る!

と思われるので、クリックされやすくなります。

・~まとめ
・~一覧
・完全版
・全て公開します 

⑥意外性

当たり前のことを書くのでなく、斜め上の発想

それが意外性!

常識と違ったことを発見すると興味が湧くというのも、人間の心理なのですよ(≧▽≦)

意外性のあるタイトル例
  • 食べても太らないダイエット?そんなのあるの?
  • 寝ない赤ちゃんが勝手に寝てくれる寝かしつけの方法!
  • 在宅ワークで月100万円?!
  • 東京で庭付き一戸建て?!
  • 東京で家庭菜園が出来る!

パッと見たときに「それってどういうこと?!」という状態にすることで、興味を持ってもらいやすくなります。

⑦自分の特性を出す

情報は、誰が言うかによって価値が変わります。

例えば、

・初心者ブロガーの「ブログの書き方記事」

よりも、

・ベテランで超稼いでいるブロガーの「ブログの書き方記事」

の方が読まれます。

熟練者が話している内容の方が、知らない人でも信用度が増します。

あなたの専門性や肩書き、過去の実績などをタイトルに入れるだけで、記事の価値がぐーーんと上がります!

自分の特性を出すタイトル例
  • 不動産のプロが教える良い物件
  • カリスマ美容師おすすめのヘアアレンジ
  • 月収100万円ブロガーおすすめテンプレート
  • 保育士が子どもに口にしない言葉10選
  • 銀行員おすすめの資産運用術
  • 管理栄養士が絶対食べたいお土産ナンバー1

目を引くブログ記事タイトルの付け方 まとめ

今回ご紹介した”目を引くブログ記事タイトルの付け方”のまとめです。

目を引くタイトルの付け方
  • ①読んでほしい対象者を入れる
  • ②パワーキーワードを入れる
  • ③数字を入れる
  • ④ ”~?” 疑問文で終える
  • ⑤「~まとめ」
  • ⑥意外性
  • ⑦自分の特性を出す

以上のようなちょっとしたコツを使うだけで、検索に上がっている他の記事よりもクリックされるようになります!

※タイトルは30文字以上になると検索で表示されません

その証拠がこちら⇒SEOに有利なタイトルの文字数は何文字?今の付け方で大丈夫?

【2019年最新版】SEOに有利なタイトルの文字数は何文字?タイトルが大事だからと言って長く書いて良いわけでは有りません。ここでは「SEOに有利なタイトルの文字数」について考えていきたいと思います。SEOに有利なタイトルの文字数の結論言うと、適切なタイトルの文字数は30文字以内です。 それ以上の文字数をタイトルに入れても、検索結果に反映されないのです。以前「タイトルを魅力的にすればクリックされる!」と言うことを書きましたが、魅力的にするだけでいいわけではありません。SEOの観点から、最適な文字数を意識しておくことが大切です。...

タイトルというのは、本文よりも人から見られる、本当に重要な要素です。

今まで、”ぼんやりと”、”なんとなく”タイトルを付けていたのなら、もったいない!

これからは全力でタイトルを付けるようにしてみてください。

色々と試してみて、クリックされるタイトル名を生み出して行ってくださいね(≧▽≦)

 

読みやすい記事の書き方について⇒読みやすい記事をブログで書く!必要なテクニックはコレ【たった8個】

☑ゆいまるの無料プレゼント付きレッスンメルマガ⇒ゆいまるの無料レッスンメルマガと特別プレゼント♪

 

ABOUT ME
ゆいまる
個人事業主でマーケッターのゆいまるです。 アフィリエイトで稼ぐ方法の全てを公開中!必ず相談に乗るので、お気軽に問い合わせしてくださいね。